F-1の時計にもなったタグホイヤーの魅力

スイスに誕生して150年以上の歴史を持つ高級時計メーカーであるタグホイヤーは、1990年前後のF-1レースでの公式時計として、日本のテレビ中継画面に頻繁に登場したことでも有名です。タグホイヤーの人気モデルには、カレラがあり、これもF-1レースに触発されたのが起源とされています。タグホイヤーの人気には、高級時計としてのデザインの洗練性と他の高級時計と比較してリーズナブルな価格設定に魅力があります。若年層の普段使いに利用したとしても、周囲から生意気な印象を受けず、長期間の使用にも耐える設計となっています。しかも、機能面においても、防水性や耐圧性能も高く、部品保存も基本的には30年は保管してメーカー修理が可能です。
金額面だけでない本来の時計の機能を、長期間利用でき、個人の自負心を感じられることがタグホイヤーの魅力にもなっています。
最近では、デジタル機器との連携をはかったモデルも登場し、高級時計の代名詞とも言える機械式のモデルだけでない高級時計としての進化もはかっていることも魅力の進化です。